【身長を伸ばしたい高校生】不規則になりがちな生活習慣を今すぐ整えよう!

高校生のお子さんは健康な生活、できていますか?

子供の健やかな成長を望まない親はいません。健やかに育ってほしいとの願いから、小・中学生くらいまでは起床時間や、就寝時間を注意したり、食事時の食べ物の好き嫌いにも心も目も配っていたことでしょう。しかしながら、高校生ともなるとそうはいきませんね。

子供を思う気持ちは変わらずとも、その生活習慣にいちいち口を出すことはためらわれますが、生活習慣は身長を伸ばすためにはとても大切です。

高校生にもなると、通学時間もこれまでよりもかかるうえに、学校以外にも部活や塾などで小中学校に比べ、帰宅時間がぐんと遅くなります。その後の家での過ごし方も、これまでとはずいぶん違うのではないでしょうか。

帰宅が遅い分、就寝時間も遅く、中には、朝ごはんも食べずに飛び出して行ってしまう、という生活が続いているというお子さんもいるかもしれませんね。

不規則な生活習慣は、身長を伸ばすのに良い影響を与えません。

高校生のお子さんの生活が不規則になっていると感じ、これから身長を伸ばしたいと、お子さんも思っているのなら、ここで一度しっかりと生活習慣を見直してみましょう。

身長を伸ばしにくい生活習慣が思い当たるようでしたら、今すぐに改善して、成長期のラストスパートのこの高校生の時期に高身長体質を作りましょう。これからでも十分に間に合う対策をご紹介します。

身長を伸ばしたい高校生が守るべき生活習慣とは?

身長を伸ばすために大切な生活習慣には質の良い睡眠、栄養バランスの取れた食生活、日ごろの運動が欠かせません。

では身長を伸ばしたいと思う高校生が守るべき、睡眠、食生活、運動とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

1.睡眠

身長を伸ばすために欠かせない睡眠。睡眠中に成長ホルモンが多く分泌されます。一般的に高校生が確保すべき睡眠時間は7~8時間。日常的に夜更かしの習慣のある人は、今すぐに見直すべきですが、テスト勉強などで、睡眠時間が充分に取れないときもあるでしょう。

実は、成長ホルモンは、その睡眠時間の長さよりも、深く眠ったかどうかが大切。なぜなら成長ホルモンは深い眠りの時に分泌されるからです。

良質な睡眠をとるためには、身体が睡眠に入る準備が出来ていること、心地よく入眠できる睡眠環境が整っていること、の2つが必要です。

①身体が睡眠に入る準備が出来ていること

私たちの身体は、体内の深い部分、深部体温が下がることで心地良く入眠でき、ぐっすりと眠ることが出来ます。つまり、眠りに入るときには、この深部体温が緩やかに下がっていく状態が好ましいのです。

このため、眠る直前にお風呂に入り、一気に体温をあげてしまうと体温も上昇し、深部体温も下がりません。寝る直前の入浴が習慣になっている人は見直しましょう。

また、寝る一時間ほど前にストレッチをすると血行が促進され、深部体温が一時的に上がります。そして、一度上がった体温は自然と下がるので、寝るころまでにちょうど良く緩やかに深部体温が下降し、ぐっすりと眠ることが出来ます。

お風呂を寝る前の2時間ほど前に済ませ、ゆっくりとストレッチの時間を作ることで、良質な睡眠をとる身体の準備は万端です。

②心地よく入眠できる環境が整っていること

眠る直前まで明るい光を浴びていることも、質の良い睡眠を妨げます。眠る2時間ほど前から、蛍光灯の光をやめ、間接照明などのやわらかな明かりの中で過ごすこと。スマートフォンやパソコンのブルーライトを浴びないことも大切です。

また睡眠環境といえば、毎日使う寝具もまた、睡眠の質に直結する環境です。身体は成長したのに、しばらく寝具を変えていない、という人は、枕やマットレスが身体に合っていない可能性もあります。

寝具を見直すことで、睡眠時の首、肩、腰への負担を軽減し、質の良い睡眠をとることが出来ます。

睡眠時間の長さだけでなく、寝る前の行動、そして寝具などの睡眠環境も整えることで、成長ホルモンを正常に分泌させるための良質な睡眠をとることが出来るのです。

最適な睡眠環境を整えるために、もっと詳しい情報を知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

 ピックアップ記事

2.食事

身長を伸ばすためには栄養バランスの取れた食事が欠かせません。成長期に必要な栄養素はしっかり摂りたいですね。

そのためにはまず、しっかりと3食きちんと食事をとることが大切です。しかしながら、高校生ともなると何かと忙しく、朝も抜くことが多かったり、昼も給食ではなくなる場合が多いでしょう。

毎日のお弁当で栄養バランスを考えるとなると、1日の食事で、果たして必要な栄養素がきちんととれているのか、不安になりますね。

実は、成長期に必要な栄養素は多くあり、その組み合わせによって、体内への吸収率も変わります。またそれぞれのお子さんの生活習慣によっても、必要とする栄養素に違いが出てきます。

したがって実際には、毎日の食事だけでその十分量を満たすということは難しく、むしろ、何かしらの不足しがちな栄養素が出てしまうことの方が自然なのです。

そのような中でも十分な栄養は取らせたいですよね。サプリメントで必要な栄養を補うもの良いでしょう。

おはよう!キッズスムージー

公式サイトはこちら

朝食を抜いてしまうことがある、偏食気味なのが気になる、というお子さんにはおはよう!キッズスムージーが最適です。

粉末を水に溶かして飲むスムージータイプのサプリメントで、手軽に222種類もの野菜、果物の栄養素を摂ることが出来ます。もちろん、成長期に必要な栄養素もしっかりと摂ることが出来ます。

まずは、朝食をとる生活習慣を取り戻すために、朝食をこのおはよう!キッズスムージーに置き換えることからはじめてみるのも良いですね。

あくまで栄養を補助するものですから、朝食をとる習慣を取り戻せたら、いつもの朝食メニューにプラスして摂ることをおすすめします。

Dr.Senobiru

スポーツ系の部活にも所属し、決して食の細い方ではないし、食事もバランスよく食べているのに身長が伸び悩んでいると感じる、という人に一度試していただきたいサプリメントはDr.Senobiruです。

身長を伸ばすのに必要な成長ホルモンは、身長を伸ばすためだけに働くのではなく、筋肉を作ったり、疲れた筋肉の疲労を回復したりするためにも使われます。

日常的に運動をする習慣のあるお子さんの中には、筋肉を作ったり、疲労を回復したりするのに成長ホルモンを使ってしまい、身長が伸びるために必要な量が不足している場合があります。

Dr.Senobiruは成長ホルモンの分泌を促す作用のあるアミノ酸、アルギニンを多く含むサプリメントです。

その含有量は数ある身長サプリメント中でもトップクラス。アルギニンは成長期に必要不可欠な栄養素でありながら、実は普段の食事では十分量を摂取することが難しい栄養素でもあります。

いつもの食事にDr.Senobiruをプラスすることで、成長期に必要なアルギニンを効率よく摂取することが出来ますよ。

3.運動

運動もまた、成長期に身長を伸ばすためには欠かせない要素です。特に「適度な運動」が良いとされています。

運動は、私たちが生命を維持するためにも欠かせないものですが、特に身長を伸ばす、ということに注目したときに得られる効果は以下の通りです。

・日中に十分な活動をすることで、ほどよい疲労が得られ、熟睡できる

・運動することで、確かな空腹感を感じることが出来、しっかりと食事をとることが出来る

・骨に刺激を与え、丈夫にし、骨端線の膨張を促す

適度な運動は筋肉の伸びも良くして、骨が伸びることを妨げません。

普段、運動をする習慣があるという人は、運動量は十分に足りていると考えられます。その場合は、逆に普段の運動が筋肉を硬くしていないか、意識してみて下さい。筋肉が硬い状態では骨の伸びを妨げる恐れがあります。

筋肉質な身体に憧れて、筋トレを欠かさない、という人も要注意。大きく筋肉に負荷をかけるようなトレーニングは、身長を伸ばすのに逆効果である場合があります。

運動系の部活はしていない、特に運動の習慣がないという人は、慢性的な運動不足の可能性があります。成長期に適度な運動を生活に取り入れていないと、身長の伸びはもちろん、これから大人になってから生活習慣病を発症する可能性まで高くなります。

まずは、運動する機会を多く作ること。手軽にできる、ウォーキングやストレッチなどを生活に取り入れましょう。

高校生に意識して取り入れてほしい適度な運動、特に帰宅部の人におすすめの簡単な運動はこちらの記事に詳しく書いてあります。ぜひ、参考にしてみてください。

 ピックアップ記事

さいごに

高校生ともなると、生活習慣が気になっても、それをいちいち指摘したり、管理しようとするのはためらわれますし、またしたとして、親による押しつけとお子さんが感じれば、それは逆効果になってしまいます。

さりげなく、今の生活習慣をお子さんとともに確認して、身長を伸ばすのに良い影響をもたらすような生活習慣を取り入れられるように、お子さん自身が考えられうるよう提案してみてはいかがでしょうか?

もっと効率の良いやり方や、こうしてほしい、ということが出てくるかもしれませんが、あくまでもお子さんの考え、やり方をを尊重し、サポートしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です