【高校生向け】身長が伸びる姿勢とは?方法を知って根本から高身長体質に!

身長を伸ばす姿勢、出来ていますか?

お子さんの普段の姿勢はどうでしょうか?

スマホに夢中で、前かがみになり、猫背になっていませんか?ソファーに浅く座り、背もたれにだらんと背中を預けて、背骨が曲がっていませんか

正しくない姿勢、猫背である状態は、肺をはじめとする内臓を圧迫しています。普段意識することはほとんどないと思いますが、このような姿勢の時、肺は十分に広がることが出来ず、私たちの身体は呼吸が浅くなっているのです。

呼吸が浅ければ、身体に新鮮な酸素を取り入れにくく、酸素が循環しにくい状態になります。これでは、脳への酸素も少なくなり、ボーっとしてしまいます。歪んだ姿勢により、肺以外の内臓や血管も圧迫され、その機能を十分に果たすことが出来ません。それにより全身の血行不良を招き、大きく健康を損なう恐れすらあるのです。

さらに背骨はたくさんの神経の通り道でもあります。背骨が歪んでいることで、運動能力が落ちたり自律神経が乱れるなどの恐れがあります。自律神経が乱れることで、私たちの身体には様々な不調が現れます。

お子さんはよく頭痛を訴えたりしませんか?下痢や便秘などのおなかが弱いと感じることはありますか?

もし、心当たりがあるとすれば、それは自律神経の乱れが原因になっている可能性があります。歪んだ姿勢であるとき適度な運動も十分な効果を期待できず、バランスの良い食事をいくらとっても、栄養が身体にいきわたらなくなってしまいます。

また自律神経の乱れによって、ぐっすり眠ることが出来ないなどの弊害が生じます。このような不健康な状態では、しっかりと成長し、子供の身長を伸ばすことも難しいですよね。

正しい姿勢の時、私たちの身体は内臓があるべき場所に収まることで血流がよくなり、酸素も充分に供給され、内臓機能が十分に働く状態になります。身長を伸ばす姿勢とは、普段の健康にも良い、正しい姿勢のことなのです。

高校生が身長を伸ばすためには何が必要?

まずは、姿勢を根本から改善しましょう。

身長を伸ばすために大切なこととして、適度な運動、バランスの良い食事、質の良い睡眠がよく言われますが、これらの効果を最大に発揮するためにも、普段の姿勢はとても大切です。

正しい姿勢の要は骨盤にあります。

姿勢にとって大切なのは実は骨盤です。

「背筋を伸ばす」というと、無理に胸を張っていませんか

本来、正しい姿勢とは、疲れにくいものですが、無理に胸を張った姿勢は、背骨が不自然なS字カーブを作ってしまいます。この時、骨盤は前方に傾いています。これでは疲れてしまい、同じ姿勢でいることは困難です。また骨盤は後方に傾いていてもダメです。しっかりと立っていることが大切です。

骨盤がきちんと立っていると、その上に乗る背骨も首もすっと伸び、本来の自然な緩やかなS字カーブを作ることが出来るのです。これにより、よく言われる「天井から頭を吊るされているように、スッと背筋が伸びた状態」の正しい姿勢が作られます。

高校生は成長期の最終段階!

高校生ではもう成長期が終わっているからと、身長の伸びをあきらめてはいませんか?

成長期はまだ終わっていません。高校生は成長期の最終段階です。身長が伸びるということは、骨の成長を指します。

身長が伸びる時、骨が丈夫に成長するとともに、骨端線の軟骨部分が膨張することが必要です。この軟骨の膨張は、成長期にだけ起こるもので、大人になり骨端線が固まると、骨化して身長が伸びることはありません。

一般的に男子平均17~18歳女子15~16歳でこの骨の膨張はなくなるといわれています。まさに高校生はこの時期。成長期のラストスパートなのです。

ですから、この時期に高身長体質に導くことはとても大切です。運動、食事、睡眠といった身長を伸ばすために有効な生活習慣を根本から支えるもの、それは正しい姿勢です。正しい姿勢無くして、良い生活習慣も効果を発揮できません。毎日の姿勢を意識して過ごすことを始めてみましょう。

グッズも使って姿勢から改善しよう

小学生じゃないんだから、今さら姿勢を口やかましく注意するのも…。そもそも親の話なんて聞いていないのに…。

高校生といえば、難しい年頃ですよね。口数が減ったり、友達との付き合いばかりで、一緒の外出の機会も減っている、そんなご家庭が多いのではないでしょうか?

けれどこれは正常な成長の証です。親としては子どもを信じて、あまり口出しせずに見守りたい時期ですよね。

「姿勢は正しくしてあげたいけれど、小さい子のように毎回口で注意するのもどうかしら。」そんな風に思われたら、姿勢改善のための便利グッズをリビングに用意してみませんか?

背筋がGUUUN美姿勢座椅子コンパクト

こちらの座椅子は座るだけで簡単に姿勢矯正が出来る優れものです。

骨盤周りを支える座面ポケットによって、お尻が安定して収まり、骨盤周りをしっかり支えることで、安定して骨盤を立たせます。骨盤を意識的に立たせることは、慣れないうちは難しいですよね。これなら、座るだけで骨盤が安定して立つので、「骨盤が立つ」という状態を自然に、感覚でとらえることが出来ます。

骨盤が立つと自然と背骨も緩やかなS字カーブを作りますから、背骨から首筋までスッとした美し姿勢を無理なく作ることが出来ます。

座椅子といっても、椅子の上に置いて、ソファーに置いての使用も可能です。学習時間はもちろん、勢が崩れがちなソファーでの時間も、正しい姿勢でテレビを見たり、スマホをしたり出来ますね。またこの座椅子、ストレッチも出来るんです。背もたれのリクライニングを使い、肩、背中、腰を効率よくストレッチ。リクライニングの調整によって、ストレッチの強弱も調整可能です。

軽くて持ち運びも簡単なので、リビングで自分の部屋でとどこででも使うことができ、これなら親がいちいち口うるさく言わなくても、座っているだけで姿勢矯正が出来ます。

販売サイトはこちら

首ゆるストレッチピロー

こちらは首の後ろに置いて寝るだけで、首猫背を矯正してくれます。

スマホやゲーム、勉強でいつも前かがみの姿勢を取っているというお子さんは、首猫背ではありませんか?

また頭というのは大変重く、日常の生活でも首には大きな負担がかかっているのです。この首の負担をいやし、前に出がちな首猫背を矯正するのが「首ゆるストレッチピロー」です。一日たった5分間、これを使って横になることで首筋がすっと伸びるのですから、こんなに手軽なものはありません。

また、肩甲骨まわり、背筋のストレッチにも使えます。肩甲骨周りに使えば、自然と胸が開き、美しい姿勢を作ることが出来ます。背筋のストレッチにも効果的です。

足枕としての活用も出来ます。テレビを見る時、読書の時、これに足を置いておけば、重力で足下に引っ張られた血液が、心臓にスムーズに戻ることが出来、血行促進が促されます。

販売サイトはこちら

まとめ

お子さんの普段の姿勢は、身長を伸ばす正しい姿勢だったでしょうか?もし、そうでないときには早めに見直しましょう。

歪んだ姿勢は健康さえも損なう恐れがあります。身長を伸ばすためにも、健康のためにも良い姿勢を心がけて生活をしましょう。

高校生はまだまだ伸びる可能性がある時期です。この最後のチャンスを逃さず、姿勢を正すことからまずは始めてみましょう。便利グッズを使えば、簡単で楽に姿勢矯正が出来ますよ。

 ピックアップ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です