目立つ頬の思春期ニキビ!原因とその治し方4選!

頬ニキビの特徴!悪化しやすい?

思春期になると、ホルモンバランスの変化から皮脂の分泌が盛んになり、ニキビができやすくなります。思春期ニキビは額から鼻にかけてのTゾーンなど、皮脂の分泌が盛んなところに多くできるのが特徴です。しかし、人によっては頬やフェイスラインにもニキビができます。

特に頬にできるニキビは、目立ちやすいため悩む人が多いものです。加えて、髪の毛が触れて刺激になったり、頬杖などのくせが原因で悪化しやすいニキビといえます。

頬のニキビは、放っておくとニキビ跡になることもあるので、悪化しないうちに適切なケアを行うようにしましょう。

タイプ別頬にニキビができる原因

頬ニキビといっても、「左右のどちらかだけにできるニキビ」と「左右関係なくできるニキビ」では原因が違います。頬ニキビをきれいに直したいのなら、まずは頬ニキビの原因を押さえておきましょう。

左右のどちらかだけにできるニキビの原因は寝具!?

左右のどちらかだけにできる頬ニキビの原因の一つは「寝具」だと言われています。お子さんは普段どんな寝具を使っていますか?寝具はこまめに交換していますか?

もし寝具をあまり交換しないのであれば、寝具が不潔な状態になっており、それが原因で頬ニキビができている可能性があります。特に普段うつ伏せや横向きで寝ているお子さんの場合、寝具の衛生状態がそのままニキビの発症・悪化につながっていることがあるので注意が必要です。

こまめに枕カバーや敷布団を交換するだけでも、ニキビができにくくなったり、悪化しにくくなることが珍しくありません。ぜひお子さんのニキビをきれいに治すためにも。寝具をこまめに洗濯してあげてください。

左右関係なくできるニキビの原因はホルモンバランスの乱れ!

左右関係なくできる頬ニキビの原因の一つに「ホルモンバランスの乱れ」があります。思春期は、二次性徴の関係でどうしてもホルモンバランスが乱れやすくなります。

ホルモンバランスが乱れると、肌の生まれ変わりの周期が乱れて角質が溜まり、毛穴も詰まりやすくなります。思春期はどうしてもホルモンバランスが乱れやすくなるので、もしニキビが繰り返しできたり、腫れや痛みの強いニキビができるのであれば、一度小児科や皮膚科で相談してみると良いでしょう。

もちろん、普段の生活も見直してみることが大切です。早寝早起きを心がけ、バランスの良い食事を食べさせてください。皮脂の分泌を盛んにしたり、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを引き起こす男性ホルモンは、ストレスを感じたり、不規則な生活習慣で増えるものです。普段から男性ホルモンを増やさないためにも、規則正しい生活を送らせてください。

また、乾燥がニキビの原因になっていることもあります。肌乾燥すると、私たちの体は肌を守るために皮脂を分泌します。すると、皮脂で毛穴が詰まるだけでなく、皮脂を餌に雑菌が繁殖してニキビができてしまうのです。それだけでなく、肌が乾燥すると外部から様々な刺激を受けやすくなります。頬ニキビを改善するためには、肌を十分保湿することも重要です。

頬ニキビの治し方

では、頬ニキビを治すにはどのような方法があるのでしょうか?

寝具の交換・十分な保湿・髪型の工夫・生活習慣の見直しを行って、頬ニキビのケアを行ってください。さらに、皮膚科などでは飲み薬・塗り薬を使った治療のほか、漢方薬を使った治療などが行われます。また、ニキビ跡に対しては、飲み薬やケミカルピーリング、レーザー治療などが用いられることもあります。ニキビを、跡を残さずきれいに治すには皮膚科などで相談することもよいでしょう。

寝具の交換

私たちは寝ている間にコップ1杯分の汗をかいていると言われています。汗を吸った寝具は、雑菌が繁殖しやすい状態になっているので、できるだけ早く交換するようにしましょう。あまりゴワゴワした肌触りの寝具の場合、かえってニキビに刺激を与えて、悪化させてしまうことがあります。ニキビに触れても痛くないガーゼやキルトなどの寝具を選ぶと良いでしょう。また、寝具は、こまめに交換する都合上、乾きが早いものを選ぶのもポイントです。

「mofua 枕パッド」は、速乾性に優れているだけでなく、耐久性も高いおすすめの枕パッドなので、どの枕パッドを選べば分からないという親御さんは一度試してみてください。さらりとした触感で、真夏でも気持ちよく使用することができます。シーツなどを毎日洗濯するのは骨が折れますが、枕パッドであれば毎日でも簡単に洗濯できると思います。最も顔に触れる枕パッドを変えるだけでもニキビが改善することも少なくありません。

十分な保湿

十分な保湿を行う上で欠かせないのが、「化粧水」です。ドラッグストアなどに行けば様々なニキビ用化粧水が売られているので、お子さんが使いやすいものを選んで買い与えてあげましょう。

化粧水にもたくさんありますが、編集部ではニキビケア用の「パルクレール美容液」という市販されていないものを見つけました。

パルクレール美容液は、ニキビによる肌の赤みやニキビ跡の黒ずみ、肌の凹凸などもケアしてくれる化粧水です。美容成分の「プラセンタ」と、炎症を鎮める「グリチルリチン酸ジカリウム」に加え、3種類のヒアルロン酸を配合し、炎症を鎮めながら健やかな肌へと導いてくれます。通常価格は1本7,500円(税抜)ですが、定期コースで申し込むと1本5,200円(税抜)で購入できるだけでなく、肌の色むらや凹凸をカバーするリキッドファンデーションも付いてくるのでお得です。

販売サイトはこちら

髪型の工夫

ニキビができると、髪の毛でニキビを隠そうとする子供がいますが、ニキビをきれいに治したいのなら髪の毛で隠すことは避けさせましょう。髪の毛には私たちが思うよりもたくさんの雑菌が付いています。また、髪の毛が触れることが刺激になってしまい、ニキビが悪化してしまうこともあります。髪の毛が長い場合は、ハーフアップポニーテールなどにして顔周りをスッキリさせてください。できてしまったニキビを悪化させないだけでなく、新しいニキビを作らせないためにも大切なことです。

生活習慣の見直し

普段、お子さんは早寝早起きができていますか?ファストフードやお菓子を好んで食べていませんか?

もし、夜遅くまで起きていたり、食生活が乱れていたりするのであれば、頬ニキビ改善のためにも生活習慣を見直しましょう。頬ニキビはホルモンバランスの乱れによってできることが珍しくありません。徐々に規則正しい生活習慣に変えていくことで、ホルモンバランスも整い、頬ニキビができにくくなってきます。

まとめ

頬のニキビは、顔の中でも特に目立ちやすいニキビです。放っておくと黒ずみや凹凸といったニキビ跡になってしまうことも珍しくないので、早めのケアを心がけましょう。

 ピックアップ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です