男子小学生に大人気!身長を伸ばすサプリを徹底比較!その本当の効果に迫る

身長を伸ばすサプリの判断基準とは?

男子小学生といえば、成長期真っ盛り。平均して1年6cmも身長が伸びると言われています。

そんな成長期を応援するには、どのような栄養が必要でしょうか。

身長を伸ばすにはどんな栄養素が必要なの?

まずは身長を伸ばすにはどんな栄養素が必要であるかご存じですか?

身長を伸ばすといえば、“カルシウム”を思い浮かべる人が多いですよね。カルシウムはもちろん、身長にも関係ある骨を作るのに大切な栄養素です。

しかしカルシウムだけがあればいいのではありません。

他にも次のような栄養素が、男子小学生の体づくりに必要と言われています。

<成長五大栄養素>

  • 〇たんぱく質
  • 〇マグネシウム
  • 〇ビタミンD
  • 〇亜鉛

<日常的に食事から摂りづらい栄養素>

  • ★アルギニン
  • ★ボーンペップ
  • ★CPP
  • ★BCAA
  • ★オルニチン
  • ★グルタミン

〇がついた4つの栄養素+カルシウムは、成長5大栄養素と呼ばれています。普段の食事からバランスよく摂ることが望ましいです。

★がついた栄養素は、日常的に食事から摂りづらい栄養素です。これらはサプリから摂る必要があります。

それぞれの栄養素の役割を、詳しくみていきましょう。

食事から摂れる成長5大栄養素の役割

カルシウム

身長を伸ばすためには、まずは骨を強くしなければいけませんね。その時に役立つのがカルシウムです。

骨を強くし、骨粗しょう症を予防するなどの効果もきたいできます。

しかし、成長にとても重要な栄養素ながら、吸収しにくい栄養素のひとつです。小学生だけでなく、大人も不足しやすい栄養素でもあります。

推奨摂取量は小学生低学年で600mg、中学年で650mg、高学年で700mgと言われています。

牛乳100mlの中に、カルシウムは100mg含まれていますので、どれくらい摂ればいいのか計算してみてください。他にもチーズや魚に多く含まれています。

タンパク質

カルシウムが骨を強くするなら、骨を作るのはタンパク質です。

タンパク質を摂取しないと、骨は成長しません。骨のほかにも血や肉の元となる栄養素なので、とても大切です。

推奨摂取量は低学年35g中学年40g高学年50gです。魚や肉に多く含まれますので、しっかり摂るようにしましょう。

マグネシウム

吸収しにくい栄養素のカルシウムを、吸収しやすくしてくれるのがマグネシウムです。

マグネシウムとカルシウムは一緒に摂ることが推奨されています。

比率はカルシウム:マグネシウム=2:1くらいがよいとされています。

推奨摂取量は、低学年130mg中学年170mg高学年210mgです。海藻類に多く含まれます。カルシウムとのバランスを考えながら摂取しましょう。

ビタミンD

ビタミンDもカルシウムの吸収をスムーズにしてくれる働きをします。

きのこ類によく含まれる栄養素です。ビタミンDが不足すると成長障がいにつながることもあります。

推奨摂取量は低学年3.0㎍中学年3.5㎍高学年4.0㎍です。ビタミンDは日光浴でも摂取することができます。

亜鉛

亜鉛は骨の成長を助ける働きをします。

亜鉛が不足するとタンパク質の合成が進まず、骨が伸びなくなってしまう可能性も。

摂取推奨量は低学年5mg中学年6mg高学年7mgです。貝類や魚類にたくさん含まれます。

さらに詳しく知りたい方はこちらを参照してください。

厚生労働省:日本人の食事摂取基準2015年度版

サプリから摂るのが望ましい栄養素の役割

アルギニン

アルギニンはアミノ酸のひとつで、成長ホルモンの分泌をサポートする効果が期待されています。低身長の治療のための注射にも含まれています。

アルギニンは食事からも摂取できる栄養素ではありますが、成長ホルモンが分泌されるまでの量を摂るのは、食事の量を大幅に増やさなければいけないので大変です。

そのためサプリからの摂取をおすすめします。

ボーンペップ

ボーンペップは卵黄から発見された栄養素です。カルシウムと一緒に摂取すると、骨の成長をサポートし、骨密度を高めてくれる働きが期待できます。

そんな強い骨作りに役立つボーンペップですが、食事から摂取できます。

しかし、含まれている食材卵黄のみですので、卵黄ばかりを食べるわけにもいきませんね。

この場合も、サプリからの摂取であれば問題ありません。

CPP

CPPとはカゼインホスホペプチドのことで、カルシウムを溶かし、体内に吸収しやすくする役割をする栄養素です。カルシウムと一緒に摂ることで、カルシウムの効果を高めてくれます。

BCAA

BCAAはアミノ酸のひとつで、体を作るのに必要な栄養素です。

身長を伸ばすというよりも筋力アップの効果が期待できます。スポーツをしている男子小学生に、おすすめの栄養素です。

オルニチン

オルニチンもアミノ酸のひとつです。筋肉を動かしたり、脳を働かせたりする効果が期待できます。スポーツも勉強も頑張りたい小学生に、積極的に摂らせたい栄養素です。

グルタミン

グルタミンは成長ホルモンの生成に必要なタンパク質の合成の役割を担う、アミノ酸の一種です。その他、免疫力のアップなど小学生の健康を支える栄養素です。

サプリの選び方は次の5つに注目

普段の食事から摂れる成長5大栄養素でも、毎日栄養バランスをしっかり考えて食事を作るのは大変ですよね。

子供の場合は偏食、少食などからバランスよく食べられていないこともあります。そんなときは次の5つの点に注意してみましょう。

①必要な栄養素が含まれているか

上でご紹介したような栄養素が含まれているかをチェックしてみましょう。どの栄養素が子供に必要なのかを知り、成分を確認することは大切です。

②栄養バランスがしっかりしているか

次にバランスに注目してみましょう。どんな栄養素でも、1日の推奨摂取量は決まっています。

どれか1つの栄養素だけをたくさん摂るのではなく、バランスよくさまざまな栄養素の摂れるサプリが好ましいです。

③製造方法は安全性が高いか

子供の体に入るものだから、できるだけ安全性が高いものがいいですよね。使っている素材は天然由来のものであるか、国内製造であるかなどもチェックしてみましょう。

④続けやすい価格帯であるか

価格も選ぶポイントとして重要です。サプリは薬ではないので、飲めばすぐ効果が出るものではありません

継続が大切なものですので、続けやすい価格であるものを選ぶといいでしょう。

⑤飲みやすさはどうか

飲みやすさも重要なポイントです。どういうタイミングでサプリを摂らせようと考えていますか?

食事と一緒になら牛乳や水などに溶かして飲むドリンクタイプ、そのほかのタイミングや外出時にも飲むことが多い方にはタブレットタイプや錠剤がおすすめです。

人気のサプリ徹底比較!

男子小学生におすすめの、5つの人気サプリの特徴をご紹介します。

Dr.Senobiru

Dr.Senobiru

まず、Dr.Senobiruはグレープフルーツ味の飲料型サプリです。食事から摂りにくい栄養素であるアルギニンを1袋2500mgも配合しています。

1日に2袋飲むことが推奨されているので、1日で5000mgものアルギニンを摂取することができます。

この5000㎎を食事から摂取しようとすると、豚肉を500gを食べないといけない計算になります。そんなにもの多くのアルギニンを手軽に摂取が可能なサプリです。

公式サイトはこちら

おはようキッズスムージー

おはようキッズスムージーには酵素が含まれている栄養補給飲料です。偏食や少食など、野菜不足が心配な子供におすすめ。ミルキーバナナ味で子供が好きな味です。

朝ごはんを食べないと学力、体力ともに実力を発揮できないというデータもあります。(※)食欲のない朝に、子供に栄養を摂らせたいという場合にもおすすめです。

家庭における食育の推進

公式サイトはこちら

のびのびスムージー

のびのびスムージーは子供の普段の野菜不足の解消に向いたスムージーです。栄養たっぷりのスピルリナ、大麦若葉、クマザサが配合されています。

他にも乳酸菌、アルギニンを中心とするアミノ酸が入っており、味は子供が好きな美味しいココア味ジュース感覚で飲みやすいサプリです。

公式サイトはこちら

せのびとーる

せのびとーるはおやつ感覚で食べられるタブレット型サプリです。味はヨーグルト味やチョコレート味など、全部で7種類もあります。

子供の身長の伸びに欠かせないアルギニンとBCAA、ボーンペップが配合。普段の食事では不足しがち&摂りにくい栄養素を配合し、子供の成長をサポートしてくれるサプリです。

公式サイトはこちら

トータルアップ

トータルアップはスポーツをする男子小学生におすすめの錠剤サプリです。子供用のサプリでは珍しい、グルタミンやオルニチンを配合。

子供の身長を伸ばすだけでなく、筋力づくりや体力づくりにも効果が期待できます。体格の差で周りに負けたくない男子小学生におすすめです。

公式サイトはこちら

成分 製造方法 価格(税込) タイプ
Dr.Senobiru アルギニン オルニチン

ボーンペップなど

天然由来成分

静岡県内で製造

21168円

定期コースならずっと

10584円

飲料型
おはようぎっずスムージー カルシウム ビタミンD

鉄 生酵素 DHAなど

旬の時期に収穫

国内製造

4960円

毎月2袋コースなら4464円

飲料型
のびのびスムージー カルシウム マグネシウム

ビタミンD

鉄 植物性たんぱく質

アルギニン スピルリナなど

ISO認定工場にて製造 7380円

定期コースなら初回

980円

飲料型
せのびとーる アルギニン ボーンペップ

BCAA カルシウム など

日本サプリメント評議会認定 6300円

定期コースなら初回

980円

タブレット型
トータルアップ アルギニン オルニチン

グルタミン

カルシウム ボーンペップ

ビタミンD スピルリナ など

日本国内のGMPに準拠した製造工場 9770円

3ヶ月セットなら1袋当たり

8323円

錠剤

小学生の時期は体格大きく個人差の出る時期です。

しかしスポーツなどをしていても、なかなか小さい子が大きい子に敵わず、歯がゆい思いをする子もいるでしょう。

まとめ

親が思っている以上に、男子小学生はデリケートな部分も多いです。中学生、高校生になっていくごとに、コンプレックスとなる子も。

親としても成長期が終わった後、「小学生の時期にもう少しサポートしていればよかった」「栄養を摂らせればよかった」など、後悔はしたくないですよね。

そんな子供の成長を応援するために、サプリを上手に生活に取り入れてみませんか。

 ピックアップ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です