ボーンペップで身長は伸びる?子供の背を伸ばす効果は?

ボーンペップの特徴は?

ボーンペップという名前を聞いて、どんなものを想像しますか?ボーンペップの名前の由来は、ボーンは英語で”骨”という意味、ペップは”ペプチド”という単語を略したものです。

ペプチドはタンパク質の仲間で、タンパク質が分解されて細かくなったものことを指します。

ボーン(骨)と名前がつくのだから、なんとなく骨に関係する成分ではないかと、想像する方も多いのではないでしょうか。その通りで、骨の成長に効果のある成分なのです。

ボーンペップが見つかった経緯は?

ボーンペップはニワトリの卵の卵黄から発見された成分です。そのため、”卵黄ペプチド”と表記されることもあります。

ニワトリは、わずか21日間で卵の状態からヒヨコの姿に成長して、孵化するのをご存じですか。生卵を想像すると分かりますが、あの状態から骨がしっかりしたヒヨコに、たった3週間で成長するのです。

この驚愕のヒヨコの成長スピードを子供の成長に生かせないかに、研究者たちは目をつけました。その結果、発見されたのがボーンペップなのです。

ボーンペップの特徴①熱や酸に強い

ボーンペップは熱や酸に強いという特徴を持っています。そのため、ボーンペップの含まれる食材を熱や酸で加工しても、その成分は安定していて、失われることがありません。

そのためサプリなどに加工しやすい栄養素だと言えます。

ボーンペップの特徴②健康を害することがない

もうひとつの特徴として、健康を害することがない成分だという点があります。大量に摂取しても、特に問題がないとされている成分です。

大量摂取は健康被害などが心配ですね。特に子供に摂取させるものとなると、成長に影響があるのではないかと不安になりますが、その心配はありません。

安心して子供へ摂取させられる成分だという点も、ボーンペップの嬉しい特徴です。

ボーンペップと身長の関係って?

ボーンペップにはどのような骨の成長に関する効果が期待できるでしょうか。子供にとって骨の成長とは、身長が伸びるということですね。

よく昔から、身長を伸ばしたいならカルシウムを摂取するといいと聞くことが多いでしょう。

ボーンペップはそのカルシウムと一緒に摂取することで、ボーンペップが骨に作用し、身長を伸ばす効果があると言われています。

まだ人間での認証実験はありませんが、マウスを使った実験では骨の成長が確認されているそうです。

具体的なボーンペップの効果としては①骨の成長をサポートする、②骨密度を高める、③骨強度を高めるという3つのものがあります。(※1)

(※1)ファーマフーズとロート製薬の共同研究。

ボーンペップの効果①骨の成長をサポートする

ボーンペップには骨を作る細胞を増やすという効果が期待できます。成長期の子供は骨の関節に骨端線という軟骨部分が見られます。

その骨端線へボーンペップは作用し、骨を作る細胞を作るのです。しかし、骨を作る細胞だけ増えるのでは意味がありません。骨となる材料が必要ですね。

その材料こそがカルシウムです。カルシウムとボーンペップを同時に摂ることにより、骨の成長が進み、結果的に身長が伸びるという仕組みです。

ボーンペップの効果②骨密度を高める

ボーンペップには骨密度を高めるという効果もあります。骨密度を高めることは、骨粗しょう症の予防にもなります。

成長期の子供はもちろん、骨密度が気になる妊娠中の女性や更年期以降の方にも、ボーンペップは注目される成分なのです。

ボーンペップの効果③骨強度を高める

骨強度とは骨密度と骨の質を図った数値のことです。骨がもろくなる、折れやすくなるのは骨密度だけでなく、骨の質(骨質)も関係しています。

骨強度を高めるためにも、ボーンペップは効果的です。特にスポーツをやっている子はケガなどの心配がないよう、しっかりした強い骨作りが必要ですよね。

ボーンペップだけでも効果は得られますが、カルシウムと一緒に摂ることで、その効果をより高められます。”ボーンペップはカルシウムと一緒に摂るといい”ということを意識しましょう。

ボーンペップが多く含まれる食材って?

身長を伸ばしたり、骨を丈夫にしたりする効果が期待できるボーンペップ。そんな効果があるなら積極的に子供に摂らせたい!と思いますよね。

どのような食材にボーンペップは多く含まれるのでしょうか。実はボーンペップが含まれる食材は、卵黄しかありません。

卵黄以外の他の食材からは、摂取できない成分なのです。ボーンペップ自体は大量摂取しても害はないと先述しましたが、卵黄の摂りすぎはカロリーオーバーが心配ですね。

そのため、サプリからの摂取をおすすめします。

ボーンペップ配合順ランキング

最近ではボーンペップが含まれる子供用成長サプリもたくさん出ていますね。ボーンペップは卵黄から脂質を取り除き酵素で処理をし、取り出します。

熱や酸に強いので、成分をそのままサプリで摂取できるのが特徴です。

そんなボーンペップが含まれる子供用成長サプリの中でも、おすすめの3商品を配合量の多い順に並べました。

順位 サプリ 含有量
1位 ノビルン 300mg
2位 MAX NOBI-RU(マックスノビール) 50mg
Dr.Senobiru(ドクターセノビル)  記載なし

この表を見ると1番配合量が多いのはノビルンでした。

ノビルンはタブレット型のサプリで、おやつを食べるように手軽に摂れるのが特徴です。

目安として1日に2粒食べることを推奨されており、その2粒に300mgのボーンペップが配合されています。

粉末型サプリであるMAX NOBI-RU(マックスノビール)も、1杯で50mgです。同じ粉末型サプリのDr.Senobiruは、配合量の記載がありません。

記載がないものに対しては、あまり配合量は期待できません。しかし、ボーンペップを全く摂らないよりは効果はあるはずです。

卵料理と組み合わせながら、上手にサプリを使って摂取するといいですね。

配合されている他の栄養素にも注目

サプリからボーンペップを摂取するのには、大きなメリットもあります。他にも身長を伸ばす効果のある成分を、一緒に摂取できるという点です。

ボーンペップはカルシウムと同時に摂取すると効果があると先述しましたが、その他にもカルシウムの吸収を助けるマグネシウムと一緒に摂るといいでしょう。

比率としては、ボーンペップ3:カルシウム2:マグネシウム1がおすすめです。ノビルンは、その比率を意識したバランス配合なので、ボーンペップの効果をより感じられるでしょう。

MAX NOBI-RU(マックスノビール)にもカルシウム、マグネシウムともに配合されています。他にもアルギニンやプロテタイトなど、成長期の子供に必要な栄養素が摂取可能です。

公式サイトはこちら

Dr.Senobiruは他のサプリに比べ、アルギニンの量が豊富に含まれています。このように、一緒に配合されている栄養素にも注目しながら、サプリを選ぶといいでしょう。

公式サイトはこちら

まとめ

ヒヨコの驚異的な成長スピードに注目して発見されたボーンペップ。子供の成長にその成分をぜひ生かしてみたいですね。

身長を伸ばすのはもちろん、骨密度や骨強度も高める成分として、今注目されている栄養素です。

ボーンペップを含む食材は、卵黄しかないのでなかなか食事から摂るのは難しいでしょう。

しかし、骨にはよい効果があることは分かっているので、サプリなどを利用しながら、少しでも意識しながら摂取することが大切です。

怪我のない丈夫な体づくりに、元気よく過ごす毎日のために、ボーンペップを積極的に摂り入れてみませんか。

 ピックアップ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です